Loading…

スポンサーサイト

Posted by ジュスマルダホス on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小品作家の大曲 その3 --J.フーバイ

Posted by ジュスマルダホス on 28.2006 その他   0 comments   0 trackback
さて、今回のラストはハンガリーのヴァイオリニスト、教育者として有名なイェネー・フーバイ Jenő Hubay (1858-1937)。



バイオグラフィ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%82%A7%E3%83%8D%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%95%E3%83%90%E3%82%A4


一般的にはシゲティの師匠として有名ですが、彼も19世紀のヴィルトゥオーゾ街道を歩いた人の常として、作曲も行なっていました。職業柄ヴァイオリン・ピースが創作の大半を占めたようですが、ヴァイオリン協奏曲も4つあり、3番はロザンドの名演で聞けるほか、最近にハイペリオンとフンガロトンから協奏曲全集が出されました。ハイペリオンの方の演奏はハガイ・シャハムで、試聴したところかなり腕の立つ人のようです。

ハイペリオンの全集ですが、
こちらには3,4番全トラックのサンプル音源があります。
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=1992125

1,2番はサンプルはないようですね。
http://www.hmv.co.jp/news/newsdetail.asp?newsnum=601030001
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=1410238

と思ったらこちらにありました。
http://www.hyperion-records.co.uk/details/67498.asp
1楽章全部が高音質で聞けます。

で、彼にも交響曲があるらしいとのこと。調べてみると。

交響曲第1番
交響曲第2番「戦争交響曲」 "Haborus" / "War" Symphony
ダンテ交響曲「新生」
Dante Symphony. Vita nuova / Neues Leben / The New Life Sinfonie fur vier Solostimmen, großes Orchester, gemischten und Knabenchor
ペトフィ交響曲
Petofi Symphony (4 vv, choir, m.choir, c.choir, orch)


http://www.hubay.hu/works/concorch.html

ちなみに4番目の「ペトフィ」とはシャーンドル・ペトフィ(Sándor Petőfiと書くので「ペテフィ」の方が近いかも)という国民的詩人で1948年の革命で中心的役割を果たした人らしいです。

Sándor Petőfi
http://en.wikipedia.org/wiki/S%C3%A1ndor_Pet%C5%91fi

ここにもありました(日本語)。
http://www.d5.dion.ne.jp/~snowfall/20017a.html

ペトフィは置いておくとして、フーバイも頑張ってますねえ、4曲もあるじゃないですか。しかもまた大規模な。リストのあとにダンテを書くとは、よっぱど当時のハンガリーではダンテが流行っていたのでしょうかねえ。

で、これもどうやら録音は望めなさそうです。しかし、フーバイ財団サイトのディスコグラフィを見ると、フンガロトンで集中的に彼の作品の録音を行なっているようなので、もしかすると近いうちに出るかもしれません。

フーバイ財団
http://www.hubay.hu/

----
まさか3回に分けなければいけないとは思いませんでしたが、世の中にはこんなふうにまだ埋もれた曲がわんさかとあるようです。
スポンサーサイト

小品作家の大曲 その2 --B.ゴダール

Posted by ジュスマルダホス on 28.2006 その他   0 comments   0 trackback
次は歌劇「ジョスラン」の中の「ジョスランの子守唄」だけで現在は名をとどめているバンジャマン・ゴダール Benjamin Godard (1849-1895)。

実はワタクシ、ジョスランの子守唄は知らないのですが、アーロン・ロザンドが録音したヴァイオリン協奏曲第2番「ロマンティック」でゴダールの名と音楽を知ったクチなのです。

当時は人気作曲家で、四十数年の生涯でおびただしい数の曲を作ったらしいのです。この中に交響曲も入っているということで早速調べてみました。

劇的交響曲「タッソー」
Symphonie Dramatique pour soli choeurs et orchestre, le Tasse
バレエ交響曲 Symphonie Ballet
伝説交響曲 Symphonie légendaire
ゴチック交響曲 Symphonie gothique
オリエンタル交響曲 Symphonie orientale


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B4%E3%83%80%E3%83%BC%E3%83%AB
http://de.wikipedia.org/wiki/Benjamin_Godard

なんと、5曲も残しているじゃないですか。しかも大規模そうなものまで。
今のところ、こちらも録音が見つかってません。19世紀中後期フランスの作曲家エマニュエルやロパルツなどの交響曲が蘇演・録音されている今、同時代のゴダールの完全無視状態は何とも寂しいかぎりです。

ちなみに上記の日本語wikiのゴダールの項には
「より野心的な作品のうち、最も個性的と言いうるのは、《伝説交響曲》であろう」
とあるが、どこで聞いたのだろうか。

またまた長くなったので、その3にいきます。

その3へ

小品作家の大曲 その1 --イッポリトフ=イヴァノフ

Posted by ジュスマルダホス on 28.2006 その他   0 comments   0 trackback
小品のみで有名な作曲家の大曲、特に交響曲に昔から興味があります。そもそも私がそういう嗜好になったのはパデレフスキのピアノ協奏曲とフーバイのヴァイオリン協奏曲第3番(もう一つ挙げるとすればヴィエニャフスキのヴァイオリン協奏曲。20年前はあまりディスクも1,2種類しかなく、聞く機会も少なかったのです)に出会ったおかげです。どちらも親しみやすいメロディを持ち、音楽の構成もしっかりしたもので、こういう曲が演奏されないのはもったいないとかねがね思っています。幸いにもパデレフスキのほうはハイペリオンやナクソスからもディスクが出ており、フーバイも同じくハイペリオンから協奏曲全集が出るほど、まあそれなりに聞くチャンスも増えました。私もいずれこの2曲に関しても何か書くつもりですが、今回は「へぇ、この人にこんな曲あったんだ」と感心しながら、今までおそらく録音されたことのない「小品作家の大曲」をちょっと見てみたいと思います。

まず組曲「コーカサスの風景」の第3曲「酋長の行列」のみで有名なミハイル・イッポリトフ=イヴァノフ Mikhail Ippolitov-Ivanov (1859-1935)。


交響曲があるというということで、方々探し回った結果、1番は見つけました。

交響曲第1番ホ短調
チョー・ホエイ指揮シンガポール響
http://www.naxos.co.jp/marcopolo.htm

初期マルコポーロのディスクで、シンガポール響も今とは比べ物にならないほど薄っぺらい響きがします。しかし曲は上記リンクの解説に書いてあるように、正統的なロシア歌謡的交響曲でした。こちらもいつか紹介しようと思います。

しかしここで、1番というからには少なくとも2番があるのではないか、という疑問が。
そこで検索してみたのだが、1番しか出てこない。芥川やストラヴィンスキーのように続編が番号無しの交響曲になったのか、それとも思い切って1番とつけたもののそれ以後書かなくなったか・・・

そうしてようやく出てきた情報がドイツ語wikiのイヴァノフの項。

Symphonie Nr.2 Karelia (1935)
http://de.wikipedia.org/wiki/Michail_Michailowitsch_Ippolitow-Iwanow

交響曲第2番「カレリア」ですよ!シベリウスもウーノ・クラミも交響曲にしなかった題材ですよ!やはりイッポリ先生は2番を書いていたのですね。

それにしてもロシア交響曲アンソロジーをやったスヴェトラーノフはこの曲(1番含め)を演奏していないのだろうか・・・

ちょっと長くなったのでその2へいきます。

その2へ

ユリ・ブーコフ追悼

Posted by ジュスマルダホス on 19.2006 その他   0 comments   0 trackback



ユリ・ブーコフ Youri Boukoff

フォンタナ・シリーズでベートーヴェンの4大?ピアノソナタ(悲愴、月光、熱情、告別)などでLP時代からのクラシックファンにはお馴染みの?ブルガリア出身のフランスのピアニスト、ユリ・ブーコフ(1923年生)をひょんなことで思い出して検索してみました。

LE PIANISTE français d'origine bulgare Youri Boukoff est mort, samedi 7 janvier, à son domicile de Neuilly-sur-Seine. Il était âgé de 82 ans.
(ブルガリア出身のフランスのピアニスト、ユリ・ブーコフが1月7日土曜日、ヌイイ・シュル・セーヌの自宅で死去。享年82。)
http://www.lemonde.fr/cgi-bin/ACHATS/acheter.cgi?offre=ARCHIVES&type_item=ART_ARCH_30J&objet_id=930042
なんと、4ヶ月前にお亡くなりになっているでは・・・

訃報といえば"musica et memoria"。こちらにも詳細な記事が載っていました。
http://www.musimem.com/obi-0106-0606.htm

小さいころ、中古で安い音盤を買って聞いていたうちの1枚が上記の音盤でした。まあ擦り切れるほど聞きましたので、この演奏が私のベートーヴェンソナタの基準になっていると思います。輝かしくメリハリのある音楽だったことを覚えています。
今度実家に帰ったら聞いてみることにします。

調べてみると、メジャーレーベルに結構音盤を残しているようですが、おそらくどれもCD化されていないと思います。現在CDで聞けるのはメノッティのピアノ協奏曲のみでしょうか。
亡くなってからというあまり嬉しくない機会ですが、これを機に何とかCD化されないものでしょうか。
ショパンのポロネーズ初の全集、プロコのピアノ曲初の全集から、チャイコフスキー1、2番、リスト1、2番、ラフマニノフ2番、ベートーヴェン皇帝、グリーグ、ハチャトゥリアンのコンチェルト、リスト、バッハ、シューナン、ベートーヴェン、ショパンなどの名曲を録音しています。

歌手の娘と合同の公式サイトもあります。
http://www.boukoff.com/
ベートーヴェンの皇帝など、色々な音源が聞けます。

合掌。

アルパド(アールパード)・ヨー

Posted by ジュスマルダホス on 17.2006 極私的マエストロ   0 comments   0 trackback


アルパド(アールパード)・ヨー Árpád Joó

今回も最近全く消息を聞かない音盤のマエストロの紹介。

*** 略歴 ***
1948年 ブダペスト生まれ。
10歳のときリスト音楽院でリサイタル(楽器は?たぶんピアノだと思うが)。
コダーイが彼の後見人となる。ゼッキ、マガロフ、フェレンチク、シュタルケルらに学ぶ。
バルトーク音楽院、ブダペスト・ロイヤル・アカデミー(?)、に進学。
ローマ、ザルツブルクへ。
1962年 ブダペストで、バルトーク=リスト・コンクール入賞(優勝?)
1965年 モントルー・フェスティヴァルで入賞(優勝?)
「際限ないインスピレーションを持つ詩人」と評される
18歳のとき、ボストンのリスト国際ピアノコンクールで第1位。
1968年 アメリカへ移住。奨学金を得てジュリアード音楽院、インディアナ大学へ進学。
卒業後すぐインディアナ大学の音楽学部で教鞭。
ユネスコの若手コンサートでアメリカ代表としてモンテカルロ国立歌劇場管を指揮、
その後同オケから「百年記念賞」Centenary Awardを受賞。
1972-77年 ノックスヴィル響の指揮者(多分音楽監督)。
メキシコやベネズエラのオケに頻繁に招かれる。
ヴィーン夏季音楽祭に出演し成功を収める。
1977-84年 カルガリー・フィルの指揮者。
http://www.thecanadianencyclopedia.com/index.cfm?PgNm=TCE&Params=U1ARTU0000514
この頃ロンドン響とのレコーディング
80年にはブダペスト響とバルトーク管弦楽曲の録音。
1988-90年 スペイン放送響の音楽監督。

以上
http://query.nytimes.com/gst/fullpage.html?res=9B00E5DD1739F937A15755C0A962948260
http://query.nytimes.com/gst/fullpage.html?res=9B00E5DD1739F937A15755C0A962948260&sec=&pagewanted=2
(Sefel recordsとヨーについての記事のようだ)と
http://homepages.ihug.com.au/~panopus/essentia/essentiai4.htm#exemplar
より編集


*** 代表盤 ***
Artsへのレコーディング
http://www.artsmusic.de/templates/tyArtistD.php?id=437&topic=arts-database-search
1980年代前半のSefelとのレコーディングのライセンスもしくは買取と思われる。
巨人、ラヴェル、英雄の生涯、新世界、コダーイ、チャイ5など名曲路線。

1984-85年 ブダペスト響とフンガロトンにリストの交響詩全曲録音。
http://www.hungaroton.hu/classic/eng_info.php?info=314&vez=l
これは現在ブリリアントから安価で出ています。

録音年不明、ブラバント管とマーラー3番をフィリップスに録音。品番 PSPN 92008/9-2
http://www.dutchdivas.net/frames/mezzo_sopranos.html
このサイトからJard van Ness→discography

1989年にアウグスティン・チャルレスという作曲家のIUNXIという曲、1998年にアンヘル・オリベルという作曲家のNUNCという曲をスペイン放送響と演奏(録音?)
http://www.aria-cd.com/oldhp/new/minor/22/22-5.htm

1998年ブダペストでにヨーロッパ響というオケ(臨時編成?)とレオノーレ3番、スラヴ舞曲集、ハンガリー舞曲集を録音。ホテル・メルキュールのロゴ入りで、CDは非売品の模様。
http://page10.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/m25839446



*** 最近の足跡 ***
スペイン放送響との演奏(演奏日時不明)
2006年3月22日、24日にラジオでエロイカとスメタナ作品が放送されている
http://www.rtve.es/tve/programo/avan6/tv6s2403.htm
http://www.rtve.es/tve/programo/avan6/tv6s2203.htm

1994年 ブラバント管でヴァーグナー
http://www.brabantkoor.nl/site/extern/repertoire/repertoire_datum.html

2002-3シーズンにスペイン放送響でマーラー8番を振っているっぽい
http://julianagondek.com/bio/bio2.htm
(06.8.25.追記)これは1990年以前のようでした。
http://julianagondek.com/bio/cv.htm#90or

*** その他 ***
1987年11月30日 客演先のオラデア(ルーマニア)で、数人の警官に殴られ、一時拘留されるという事件にあう
http://www.hhrf.org/dokumentumtar/irott/hpt/1987.123.pdf

アメリカの指揮者ということになっている(上の記事参照)。ハンガリーからバルトーク・センテナリー・ディプロマをもらっている。
http://www.damjanabratuz.ca/index.htm

フェレンツ・リスト音楽院で教鞭をとっていたこともあるらしい。
http://www.budapesthotels.com/touristguide/Interconcert/danube.asp

トロントのマウント・ロイヤル・カレッジで教鞭をとっていたこともあるらしい。
http://www.lawrence.edu/fast/kimm/bio.html

ここに彼に関しての詳しい記事あり。
http://homepages.ihug.com.au/~panopus/essentia/essentiai4.htm#exemplar
"Essentia"という雑誌(1980年冬号)
ここによると
・東洋哲学に傾倒し、ヘブライ語やサンスクリット語の知見をさらに深めるために中近東やインドを旅行。
・理論だけでは飽き足らず、現代薬学をふくむ前古典化学 preclassical Chemistry の実験に従事


+++++++++
こうやって見ると、まさか87年の拘留事件が転機だったとは考えられませんが、90年代になるととたんに活動が少なくなっています。02-03年シーズンにマラ8を演奏しているくらいですので、今でも結構重要な指揮者として扱われていることは想像に難くないですが、それにしても最近の情報が少ないですね。
まだ50代なだけに、もう一花咲かせてほしいですね。

ポール・カポロンゴ

Posted by ジュスマルダホス on 09.2006 極私的マエストロ   0 comments   0 trackback
ポール・カポロンゴ Paul Capolongo

ヴィラ=ロボスのバキアーナスのみで名を残していると思われるラテン系のマエストロがふと気になって検索してみました。

***** 略歴 *****
1940年 アルジェリアでイタリア系の家に生まれる。
1961年 (アルジェリアの大学卒業後)パリ音楽院入学。
1963年 渡米し、ボストン、バークシャー音楽センターでラインスドルフに師事。
同年、タングルウッド音楽祭でクーセヴィツキー賞とエリナー・クレーン記念賞。
1963-66年 エクアドルのキト国立管音楽監督。
1966年 コルシカ島のシルネ芸術祭に出演後、アメリカでミトロプーロス国際指揮者コンクール優勝。
1967年 バーンスタイン/ニューヨークフィルのアシスタント3人のうちの1人に選ばれる。
1968年1月6日 「ヤング・ピープルズ・コンサート」出演

その後ロンドンに渡り、ヨーロッパ各地で客演指揮者として活動している。

以上『名演奏家事典』(上)(1982年、音楽之友社)216頁、カポロンゴの項(岡俊雄執筆)。
より編集


***** 代表盤(というより確認できたもの) *****
・ヴィラ=ロボス:ブラジル風バッハ第2、5、6、9番('73、パリ管)EMI
・フランク:交響的変奏曲」(モンテカルロ国立歌劇場管、p.マリー=フランソワーズ・ビュケ)Philips
・ダンディの作品(モンテカルロ国立歌劇場管)Philips


***** 最近の足跡 *****
・2000?2001年シーズンにメキシコのUNAMフィルに客演
http://www.planeacion.unam.mx/memoria/2000/2000/dgam.htm

・2003年7月19日に
広州響で「三角帽子」、「スペイン狂詩曲」、フランクの交響曲を振る予定(7月14日記事)
http://www.newsgd.com/enjoylife/living/nightlife/200307140039.htm

*****「ヤング・ピープルズ・コンサート」*****
・1968年1月6日
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第4番第2、3楽章
http://home.t08.itscom.net/iwalin/concert/season67.html

・1968年1月28日?
http://memory.loc.gov/ammem/lbhtml/lbcollSubjects2.html


***** その他 *****
ハンガリーのジェールフィルも振っている
http://www.hungorchestras.com/main/index.php?pid=1&cp=5

ブダペスト響(ハンガリー放送響)も振っている
http://www.radio.hu/index.php?cikk_id=4047&rid=PVVUTg==
http://www.english.radio.hu/index.php?cikk_id=56837

フランスのラン・ミュルーズ響も振っている(76年、78年)
http://www.roehampton.ac.uk/stravinsky/full_dances.asp?start=501
http://www.graciane-finzi.com/cat.htm


***** 演奏評(ヴィラ=ロボス) *****
http://www.na.rim.or.jp/~violinhi/essayresource/robos.html
http://drenkaizan.exblog.jp/3347243/
http://garjyu.at.webry.info/200604/article_19.html


++++++++++++
こうやって見ると、期待の若手として出てきてその後ぱったりといなくなっています。82年の事典ですら73年の有名なヴィラ=ロボスの録音情報が最後ですので、当時としてもちょっと忘れかけられている感があります。
一応(といっては失礼ですが)、2000年以降の活動状況もほんのわずかだけですが(メキシコ、中国)入ってきていますので、おそらく今でも活動しているものと思われます。

私はフランス滞在中にラジオでこの録音を聞いた程度で、曲も詳しくは知りませんので、彼の音楽に関しては全く判断できませんでした。
演奏評を見るかぎり、「緩くて適当でカラフル」といういかにも「南米の音楽」的イメージの演奏のようですね。

++++++++++++
何だか「あのマエストロは今」的企画ですが(むしろ捜索願かも)、こんな感じで気になるマエストロを挙げていこうと思います。

雑録集仮始動

Posted by ジュスマルダホス on 09.2006 その他   0 comments   0 trackback
とりあえずブログを始動させてみます。
本家サイトは最初っからまとめサイトとして考えて上げているので、
まだうまくまとまっていないネタ、調査中のネタをなかなか載せにくい状況にあります(実際は載っていますがね)。
しかしそんなネタでも私の頭の中やマイパソの中に眠らせておくより、広くネットの大海を航海させることによって、誰かの貴重な情報源になったり、情報提供を受けられる点でずっとよいかと考え、ちょっとやってみることにしました。
今は特に名盤、レアマエストロを軽く紹介できる場所として使おうかと考えています。

ただ、ブログという形式は左右にごちゃごちゃといらん項目が並ぶため見た目があんまりよくないのと、項目別の目次が作りにくそうというところが気になっているので、どうやってそれを克服しようかと考えているところです。
歯切れのいい始動宣言ではありませんが、
どうぞよろしくお願いいたします。
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。