Loading…

スポンサーサイト

Posted by ジュスマルダホス on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レアオケ自主制作盤特集 その8:ドイツ-2

Posted by ジュスマルダホス on 10.2007 東西南北交響楽団   6 comments   0 trackback
レアオケ自主制作盤特集 その7:ドイツ-1 より

まだまだいきます。

--------------------------------------------
●南ヴェストファーレン・フィル
  Philharmonisches Orchester Südwestfalen

http://www.philharmonie-suedwestfalen.de/cds.html

 ヒルヒェンバッハという町を本拠とする南ヴェストファーレン・フィルですが、こちらも自主制作盤らしきディスクを結構出しています。過激なシューマン全集で一部に有名なフローリアン・メルツ指揮でシューマン4番1841年稿をはじめとし、ヴァイオリン、チェロのコンチェルト集など、シューマンだけで計3枚のディスクを出しています。ほか、デイヴィッド・スターン指揮、クラウディウス・タンスキのピアノでオットー・ニコライのピアノとオケの作品集という珍品や、児玉宏指揮、ニコラス・ラフゼンのピアノでフンメルのコンチェルト2曲、ロルフ・アゴプ指揮でブル6、現首席のラッセル・ハリス指揮でシベ2を出していたりします。

 購入方法は上記サイトにも書いてあるようですが、おそらくオケ事務局に直接コンタクトを取って購入できるようです。

----------------------------------------------
●イェーナ・フィル
  Jenaer Philharmonie

http://www.jenaonline.de/philharmonie/discographie.shtml

 アルテノヴァ初期に見かけた数々のディスクに並んでどうやら自主制作盤らしきものが並んでいます。どうやらオケの組合?サイトのようなところにそれだけが抽出してあり、そこでオンライン購入することができます。

http://www.philharmonische-gesellschaft-jena.de/mitgliederservice/cdshop.shtml

 ラインナップは各シーズンごとのダイジェスト盤が4枚で、一見有名交響曲の単楽章のみ収録したものに見えますが、各ディスクに必ず1曲はクシェネックやアンタイル、現代物などなかなかスパイシーな曲が混ざっているところがニクいです。そんな中でオケサイトのほうにも載っていない、もっと見逃せないものがありました。首席のアンドレイ・ボレイコによるマーラー3番。こちらは全曲です。ボレイコは結構凄いときくのでこれは興味ありますね。



レアオケ自主制作盤特集 その9:ドイツ-3

スポンサーサイト
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。