Loading…

スポンサーサイト

Posted by ジュスマルダホス on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つまみ食い情報(オケ人事、新規リンクなど)

Posted by ジュスマルダホス on 13.2006 東西南北交響楽団   0 comments   0 trackback
をとりあえず載せてみます。

まずオケ人事から。
●マクシム・フェドトフがロシアフィルの音楽監督
http://classic-japan.cocolog-nifty.com/news/cat6328490/index.html

イリヤ・カーラーとラファエル・オレグが優勝した1986年のチャイコフスキーコンクールで2位になったヴァイオリニストのマクシム・フェドトフが、ヴェデルニコフが音楽監督をしていたロシア・フィルの音楽監督に。日本国際音楽コンクールではたしか優勝していたはずです。ちなみにゲルギエフの前にマリインスキーの音楽監督をしていたヴィクトル・フェドトフは父。
最近息子の方はナクソスからヴァイオリニストとしてブルッフのコンチェルトを出していましたが、その伴奏を受け持つ「ロシア・フィル」は、録音中心で活動する別の「ロシア・フィル」です。

●ヴュルツブルク劇場GMDにジン・ワン

http://classic-japan.cocolog-nifty.com/news/2006/08/post_c13d.html
どうしてもチェリストのジャン・ワンと間違ってしまう・・・

●ロンドン・フィル首席指揮者にヴラディーミル・ユロフスキー
http://classic-japan.cocolog-nifty.com/news/2006/05/post_8e1c.html
ロンドン・フィルがヴラディーミル・ユロフスキーを迎えるのは時間の問題だと思っていましたが、意外と早かったですね。ヴェルザー=メストの二の舞にならないように育てていただきたいものです。
ちなみにヴラディーミルの父は、ショスタコの映画音楽の録音で一部におなじみの指揮者ミハイル・ユロフスキー。

ほかには
●ラファエル・フリューベック・デ・ブルゴスはドレスデンpo.の音楽監督
にいつの間にかなっており、
●コロンヌo.はローラン・プティジラールを音楽監督
にいつの間にか迎えています。


次にオケ関係の諸情報、リンクなど。

●ニースpo.公式サイト
http://www.philharmonique-nice.org/

これまでニース歌劇場のサイト内にオケ情報がありましたが、ようやくオケサイトが独立したようです。
「ニース交響楽団」として来日してたオケがこのオケです。

●モスクワ国立放送so.サイト
http://www.rtvsymphony.ru/

もともと使っていたアドレスに戻ったようです。よく素性の分からないオケですが・・・

ギリシャからのタレ込み情報によると、テッサロニキには
●テッサロニキ国立so.(Κρατική Ορχήστρα Θεσσαλονίκης)
とテッサロニキ市立so.(Συμφωνική Ορχήστρα του Δήμου Θεσσαλονίκης)
の2団体があるとのこと。

本家サイトでは同じ「テッサロニキ国立so.」としておりましたが、次回更新で訂正します。
ちなみに国立so.はそのままのリンク、国立so.の別サイトとして張っていたリンクが市立so.のリンクだということです。
スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://orcheseek.blog66.fc2.com/tb.php/18-784aef0d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。