Loading…

スポンサーサイト

Posted by ジュスマルダホス on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルミン・ジョルダン死去

Posted by ジュスマルダホス on 22.2006 極私的マエストロ   0 comments   0 trackback
スイスの指揮者アルミン・ジョルダンがバーゼルでお亡くなりになりました。享年74。
http://www.shikoku-np.co.jp/national/culture_entertainment/article.aspx?id=20060921000020 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%AB%E3%83%80%E3%83%B3 http://www.osr.ch/

もう20年位前になるでしょうか、スイス・ロマンドと来日したのがNHKで放映され、小学生の私はそこで初めてラヴェルの音楽に本格的に興味を持つようになりました。そのとき録画したビデオを擦り切れるまで見た覚えがあります。今考えてもなかなかいい演奏だった気がします。

同時にフランケンシュタインのようななかなか個性的な容貌にも虜に。調べてみると、パルジファルではアンフォルタス役をやっているとか。顔に興味を持ったのは私だけではなかったようで(笑)。

スイス・ロマンド中興の祖、もしくは現代の新しいヴァーグナーのスペシャリストとして玄人受けしておりましたが、録音が少ないせいか(レーベルにあまり恵まれなかったのか?)結局日本ではあまりメジャーになりませんでしたね。 スイスのマエストロらしく、独仏レパートリーどちらにもかなり通じていたようですので、それが印象を薄めたのかもしれません。ヴァーグナー以外であえて言えばショーソンのスペシャリストか(地味)。

 ヴァージンから出ているマーラーの3番がいいらしいので見つけたら迷わず購入することにします(ありがたいことに、ツェムリンスキーもついているらしい)。来日公演から考えると、同時期にエラートに録音しているラヴェルもいいのではないかとおもいます。apexあたりで早く復刻されて、多くの人に聴かれることを望みます。 合掌。
(追記:06.11.10.)

追悼盤というわけではありませんが、ジョルダン/ロマンド管のショス5が出るようですね。
http://www.wakuwakudo.net/review_shinpu/new_1sym.html#prcd90715
録音は87年、初演から50年目の演奏です。レーベルはカスカヴェル。ジョルダンはこのレーベルにショス5の他にも『鼻』を録音しているようですね。「見通しのよいすっきりしたサウンドが特徴」らしいです。このコンビなら然り、という感じです。
スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://orcheseek.blog66.fc2.com/tb.php/19-f4d3f5fa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。