Loading…

スポンサーサイト

Posted by ジュスマルダホス on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若手指揮者特集 その2: アラン・ブリバエフ

Posted by ジュスマルダホス on 20.2006 極私的マエストロ   0 comments   0 trackback
アラン・ブリバエフ
Alan Buribayev (1979)



*略歴*


1979年カザフスタンで父はチェリストで指揮者、母はピアニストという音楽家の家庭に生まれる。
 カザフ国立音楽院でヴァイオリンをアイマン・ムサホジャエフ、指揮をトレプベルゲン・アブドラシェフに師事。
 その後ヴィーン国立音大にてウロシュ・ラヨヴィチに師事。
ザグレブで開かれたロヴロ・フォン・マタチッチ指揮者コンクールで国際的な注目を集め、その後ヨーロッパのオケに客演する。
2001年のニコライ・マルコ国際指揮者コンクールで特別賞を受賞。
同年のアントニオ・ペドロッティ国際指揮者コンクールで第1位。
現在はアスタナ響の首席指揮者、04年からはマイニンゲン劇場の音楽総監督を務めている。
07年シーズンよりノールショピング響の首席指揮者を務める。

これまでにロンドン・フィル、ドレスデン・フィル、ミラノ・ジュゼッペ・ヴェルディ響、BBCスコティッシュ響、メルボルン響、エーテボリ響、ボルティモア響、サンクト・ペテルブルク・フィル、BBCウェールズ管、バーミンガム市響、ボーンマス響、オスロ・フィルなどを振っている。

http://musicheritage.nlrk.kz/?text=52.txt
http://www.imgartists.com/?page=artist&id=270



 カザフスタンの指揮者というのはなかなかいないのではないでしょうか。マンスーロフくらいしか思いつきません。確かに写真を見たら明らかに東洋系の顔をしていますね。
 テミルカーノフの代役で日本でサンクト・ペテルブルク・フィルを振ったこともあります(2003年10月の名古屋公演、チャイ4ほか)。多分その時の評だと思いますが、「棒は未完成だが、やりたいことが非常によく伝わってくる指揮」という評価を見たことがあります。

 そしてなんと07年2月に仙台フィルに現れます。チャイコとプロコのロメジュリにプロコ7番というプログラムです。高嶺の花にならないうちに聴いておいたほうがいいかもしれません。

http://www.sendaiphil.jp/concert/periodical/index.html

 それにしてもノールショピング響というのはブロムシュッテットが27歳のとき、ヴェルザー=メストが26歳のとき、広上淳一が33歳のときに首席指揮者になっており、キャリアの初期にこのオケを振った人は出世しているので、ブリバエフもジンクス的にいいスタートを切っていますね。

 次回は1977年生まれ、06年シーズンからトゥールーズ・キャピトル国立管の首席客演指揮者を務めるトゥガン・ソヒエフです。

若手指揮者特集 その3: トゥガン・ソヒエフ
スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://orcheseek.blog66.fc2.com/tb.php/24-37802429
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。