Loading…

スポンサーサイト

Posted by ジュスマルダホス on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若手指揮者特集 その3: トゥガン・ソヒエフ(ソキエフ)

Posted by ジュスマルダホス on 22.2006 極私的マエストロ   4 comments   0 trackback
トゥガン・ソヒエフ(ソキエフ)
Tugan Sokhiev



*略歴*

1977年北オセチアのヴラジカフカス生まれ。
2001年までサンクト・ペテルブルク音楽院でイリヤ・ムーシン、ユーリ・テミルカーノフに師事。
2000年にプロコフィエフ国際指揮者コンクールで第1位。
その後ロシア国立響(State so. of Russiaという表記をされているが、どこの?)首席指揮者と北オセチア国立フィルの音楽監督をそれぞれ03年まで務める。
00-01年シーズンに『ラ・ボエーム』でアイスランド歌劇場にデビュー。
01年に『ランスへの旅』でマリインスキー劇場デビュー、02年と03年に『エフゲニー・オネーギン』で再登場。その後『金鶏』『イオランタ』『サムソンとデリラ』を指揮。
02年にはウェールズ・ナショナル・オペラにおいて『ラ・ボエーム』を指揮しイギリスデビュー。
03年にはマリインスキー劇場の引越し公演『エフゲニー・オネーギン』でメトロポリタン歌劇場にデビュー(赤文字はユウスケさんのご教示による訂正です)。
03-04年にかけてウェールズ・ナショナル・オペラ(WNO)の音楽監督。
04年には『3つのオレンジへの恋』でエクサンプロヴァンス音楽祭デビュー、
2003年から04年にかけてウェールズ・ナショナル・オペラ(WNO)の音楽監督。
2005年、トゥールーズ・キャピトル管の首席客演指揮者およびミュージック・アドヴァイザーに就任。
2006年にはプロ演劇・ダンス・音楽家組合から「今年の新星」賞

これまでに、デンマーク放送シンフォニエッタ、ストラスブール・フィル、モンペリエ国立管、トスカーナ管、ポルト国立管、ボーンマス響、ヴィーン放送響、フランス放送フィル、オスロ・フィル、フランクフルト放送響、スウェーデン放送響、ストックホルム・フィル、フィルハーモニア、シドニー響、フランス国立管、ロイヤル・コンセルトヘボウ管、ミュンヘン・フィル、バイエルン州立管、バーミンガム市響、ベルリン・ドイツ響、BBCフィルなどを振っており、フィルハーモニア、スウェーデン放送響など再客演を要請するオケも多い。

http://www.askonasholt.co.uk/green/green/home.nsf/ArtistDetails/Tugan%20Sokhiev?OpenDocument&Click=
http://www.philharmonia.co.uk/thesoundexchange/backstage/tugan_sokhiev/tugan_sokhiev.html
http://www.onct.mairie-toulouse.fr/fr/tugan-sokhiev/
http://en.wikipedia.org/wiki/Tugan_Sokhiev



 マリインスキー劇場に早くから、そして頻繁に登場していることからも分かるように、やはり同郷出身のゲルギエフからは気に入られているようです。トゥールーズ・キャピトル管のインタビュー記事を見ると、ゲルギエフとは直接の師弟関係というわけではないようですが、サンクト・ペテルブルク時代にマリインスキーに出入りしており、相当お世話になったようです。

 ウェールズ・ナショナル・オペラ(WNO)ではエフゲニー・オネーギンでデビューし、音楽監督になったあとは主にロシアオペラシリーズをうけおっていましたが、04年に椿姫のキャストをめぐってトラブル、ソヒエフはプルミエと2日目のみを振って降板したそうです。いきなりの重責を担うには若すぎたようで、トラブルで辞任したにもかかわらずWNOの総監督は今後も彼を支援するとの意向を発表しており、彼の才能がいかに高くかわれているかが分かります。

 新天地であるプラッソン退任後のトゥールーズは音楽監督職、首席指揮者職をまだ置いていないため、ソヒエフが実質第1指揮者になっているようです。ちなみに06年9月にこのコンビでnaiveから新譜を出しました。展覧会の絵とチャイ4というなかなか彼らにふさわしいと思われるプログラムです。こちらで試聴ができますが、フランスオケのチャイ4はなかなか不思議な音がします。

http://www.naive.fr/artiste_coll.php?id=432



 ちなみにこのCD、日本では「初顔合わせの時から団員のハートをわしづかみにし、練習の際、指揮台の椅子に座る様子だけでも団員を魅了したというおそろしいカリスマ性の持ち主」と、ディストリビューターによるものすごいキャプションがついています。それがどれだけのものかは別としても、かなり期待をかけられていることが分かります。

参考:トゥールーズ国立管によるインタビュー記事
http://www.onct.mairie-toulouse.fr/tugan%2Dsokhiev/interview.php

 ここ数年でいきなり(でもないのかもしれませんが)引く手あまたのマエストロになっていますね。ゲルギエフかテミルカーノフの後継者としてマリインスキーかサンクト・ペテルブルク・フィルの音楽監督になるのも遠い話ではなさそうな気がします。

まだまだ続く若手指揮者特集、次は78年ラトヴィア生まれのアンドリス・ネルソンスです。


若手指揮者特集 その4: アンドリス・ネルソンス
スポンサーサイト

こんにちは。ご無沙汰しています。
ソキエフとトゥールーズのコンビは期待できそうな気がするのですがどうでしょうか。

ところで彼がMetで振ったのは、通常公演ではなく、マリインスキーの引越し公演だったのではないかという気がします。Metのデータベースで検索しても引っ掛かりません。そしてその引越し公演はゲルギーのホヴァンチシナを聞いたような記憶がありますが、ソキエフはノーマークでした。

>アンドリス・ネルソンス
北西ドイツフィルの上岡敏之の後任の人ですね。
レポ楽しみにしています。
2006.11.23 17:20 | URL | ユウスケ #Q.zvybpY [edit]
ユウスケさま

あれっ、と思って再び調べてみました。
http://www.onct.mairie-toulouse.fr/fr/tugan-sokhiev/
-avec la troupe du Mariinski
ってマリインスキー劇場全部なのですね。マリインスキーの歌手たちをつれてMETに乗り込んだのかと思っていました。
いやはや、単純な読解ミス失礼いたしました(汗)。
早速訂正しておきます。

私もソヒエフ/トゥールーズにはかなり期待しております。トゥールーズがシェフ空白のあとにやっと捕まえた意中の人であるということと、ロシア人とフランスオケは往々にして相性がよさそうというところからです(イギリスオケも相性いいのですが)。
2006.11.23 21:04 | URL | ジュスマルダホス #AG2oKwnI [edit]
MET本体のシーズンが終わった7月に、リンカーンセンターフェスティバルの一環で2-3週間毎日のように公演してました。
2006.11.25 14:56 | URL | ユウスケ #Q.zvybpY [edit]
>2-3週間毎日のように公演してました。
アニハーノフ劇場なみの労働、さすがロシアの歌劇場ですね。
破竹の勢いなので近いうちMETそのものにデビューしそうですけど、その時はぜひ見に行ったほうがいいでしょうね。
2006.11.25 17:22 | URL | ジュスマルダホス #- [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://orcheseek.blog66.fc2.com/tb.php/27-852d2579
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。