Loading…

スポンサーサイト

Posted by ジュスマルダホス on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レアオケ自主制作盤特集 その2:イタリア-2

Posted by ジュスマルダホス on 28.2006 東西南北交響楽団   0 comments   0 trackback
レアオケ自主制作盤特集 その1:イタリア-1より

続けて3ついってみましょう。


●カルロ・コッチャ響
 Orchestra Sinfonica Carlo Coccia

http://www.orchestracarlococcia.it/cd.html

ミラノから西へ50km位のところにある町ノヴァーラのオケにもいくつか自主制作盤らしきものがあります。

ペロージのオペラ、カルロ・コッチャのオペラはジャケットからしてボンジョヴァンニから出ているようですが、ペロージのピアノ協奏曲とオケ作品(アルトゥーロ・サッケッティ指揮)やチャイ5と白鳥組曲(パオロ・ガット指揮)、メンコン(マルコ・リッツィ(Vn.))とハイドンのロンドン(マッシミリアーノ・カルディ指揮)は自主制作のようです。他にはギルマンのオルガン交響曲とラインベルガーのオルガン協奏曲の1枚(La Bottega Discantica)、ヘンデルのオペラ「エジプトのイスラエル人」(Euterpe)があります。こちらも日本では聞かないレーベルですね。あと、レーベルは不明ですがカール・ジェンキンスのアディエマスなんかもあります。そして縦長のジャケでピーターと狼があるのですがこれはDVDでしょうか。

一部試聴もできます。一聴した感じ小ぢんまりとしてまずます整ったオケですが何ともいえないまったり感がただよう音をしています。

オケサイトにメールして購入できるようです。


●ヴァッレダオスタ響
 Orchestra Sinfonica della Valle d'Aosta

http://www.sinfonica-aosta.com/disco.htm

音楽監督エマニュエル・シフェール(Emmanuel Siffert)とのポストホルンとベートーヴェン7番、ヨハン・シュトラウス、レハール作品集、ブラ1とドッペルコンチェルトがあります。レーベルはベー7がPenta Flowers、残り2つがSMC Recordsというところですが、日本で扱っているところはなさそうです。

購入方法はこちらも不明ですが、レーベルが分かっているのでレーベルに直接メールして尋ねるのがよいでしょう。


●アブルッツォ響
 Orchestra Sinfonica Abruzzese

http://www.sinfonicaabruzzese.it/isa/home.html

ワインの産地としてよく見かけるアブルッツォ地方のオケにも自主制作盤らしきものがあります。

現代作曲家ジャンニ・ポッシオ、トマス・マルコの作品集、モリコーネ作品、ヴァレンティノ・カラッチョーロの交響曲第5番、イタリアン・ガムランというアルバム(試聴で聞いた感じはマイケル・ナイマンっぽい)など、聞きやすい現代モノの録音が多いですが、その中にもレナート・ブルゾンの伴奏にはじまり、ハイドン104番とベートーヴェン、ドビュッシーを1枚に入れたディスクや、ベートーヴェン7番、ほかにはボリス・ペトルシャンスキーのピアノによるベートーヴェンの皇帝、ヴェルディ作品集、メルカダンテのフルート協奏曲集(これのみARTS)、バッハ(グノー)、チャイコフスキー、シューマン、ヴィヴァルディ、ショパン、ダンツィ、トスティ、サティのおそらく小品集、カステルヌーヴォ=テデスコのギター協奏曲集(ブリリアント)などもあります。
指揮者はさまざまなのですが注目は1991年録音のベートーヴェン7番。なんとマッシモ・フレッチアの指揮である。1906年生まれなので何とフレッチア85歳時のものです。4楽章の冒頭がちょっとだけ試聴できますが、闊達とした感じでなかなか期待できそうです。

購入方法はこちらも不明です。まずはオケサイトにメールで尋ねればよいでしょう。


イタリアオケの自主制作盤はまだまだあるかもしれませんが、とりあえずここまでにして、次はまだ決めていませんが別の国を見てみることにします。


レアオケ自主制作盤特集 その3へ
スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://orcheseek.blog66.fc2.com/tb.php/30-59251dd6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。