Loading…

スポンサーサイト

Posted by ジュスマルダホス on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

07年以降の指揮者人事まとめ その1

Posted by ジュスマルダホス on 03.2007 極私的マエストロ   0 comments   0 trackback
今年秋から数年間はオケ界ではガンガン人事異動がおこるようです。それなりに追っていたのですが、だんだんわけが分からなくなってきたので、ここにいくつかに分けてまとめてみることにします。

<最近の異動ニュース>

といえば、これです。

●パリ管:2010年シーズンからパーヴォ・ヤルヴィが音楽監督

http://en.wikipedia.org/wiki/Orchestre_de_Paris
http://www.orchestredeparis.com/telechargement/CP_Jarvi.pdf
http://www.playbillarts.com/news/article/6577.html

そうきましたか!エッシェンバッハと同じくヨーロッパもアメリカでも経験豊かなマエストロなのでじゃじゃ馬のパリ管をどう鳴らす(馴らす)のか楽しみですね。

では、本題にいきましょう。まずは先数年で2つのポストを任されることになるマエストロが3人もいるので、この人たちから。


<いきなり多忙になるマエストロたち>

●マンフレート・ホーネック
http://en.wikipedia.org/wiki/Manfred_Honeck

シュトゥットガルト歌劇場(07?)
ピッツバーグ響(08/09?)
http://en.wikipedia.org/wiki/Pittsburgh_Symphony_Orchestra

まずはこの人。音友でチェコフィルの音楽監督にも就任という記事を見たのですが、少なくともwiki上では見当たりません。まだ打診中ということでしょうか。そうなると忙しすぎやしませんかねえ。

●ヤープ・ヴァン・ズヴェーデン
http://en.wikipedia.org/wiki/Jaap_van_Zweden

ダラス響(08/09?)
http://en.wikipedia.org/wiki/Dallas_Symphony_Orchestra
ロイヤル・フランダース・フィル(08/09?)
の音楽監督に一気に就任します。

次は今エクストンからブルックナーを出し続けているこの人。ダラスのほうは07年からは指名音楽監督(music director designate)ということです。

●シャルル・デュトワ
http://en.wikipedia.org/wiki/Charles_Dutoit

フィラデルフィア管(08?、首席指揮者兼アーティスティック・アドヴァイザー)
http://en.wikipedia.org/wiki/Philadelphia_Orchestra
ロイヤル・フィル(09?、芸術監督兼首席指揮者)
http://en.wikipedia.org/wiki/Royal_Philharmonic_Orchestra

大御所組からはこの人。どちらも音楽監督でないところが気になりますが、この世代では頭一歩出た活躍ぶりです。

ヤルヴィ含めてみなさんアメオケとヨーロッパオケの掛け持ちになりますね。
それでは、通常業務へ。


07年以降の指揮者人事まとめ その2へ
スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://orcheseek.blog66.fc2.com/tb.php/38-0f33c044
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。