Loading…

スポンサーサイト

Posted by ジュスマルダホス on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

07年以降の指揮者人事まとめ その4

Posted by ジュスマルダホス on 03.2007 極私的マエストロ   0 comments   0 trackback
07年以降の指揮者人事まとめ その3 より

では、ヨーロッパ行ってみましょう。


<ドイツ>

●シュターツカペレ・ドレスデン: ファビオ・ルイージ(07?)
http://en.wikipedia.org/wiki/S%C3%A4chsische_Staatskapelle_Dresden

●ベルリン・ドイツ響: インゴ・メッツマッヒャー(07?)
http://en.wikipedia.org/wiki/Deutsches_Symphonie-Orchester_Berlin

●MDR(中部ドイツ放送)響(旧ライプツィヒ中部ドイツ放送響): 準メルクル(07?)
http://www.mdr.de/klangkoerper/2876.html

いずれも前から発表されていたので正直まだ始まっていなかったのかと思ってしまいますが、何かしら一気に若返った感がありますね。


-----------------------------

<北欧>

●スウェーデン放送響: ダニエル・ハーディング(07?)
http://en.wikipedia.org/wiki/Swedish_Radio_Symphony_Orchestra

ここもまだ始まっていなかったのか。何だかこの人にしてはえらくローカルなポストという気がします。とはいえサロネンもここが最初のポストでしたし、実は激しく上手いオケなので何かやってくれるかも、と期待しております。

●ロイヤル・ストックホルム・フィル: サカリ・オラモ(08?)
http://en.wikipedia.org/wiki/Royal_Stockholm_Philharmonic_Orchestra

ここは非常に順当な人選という感じがします。バーミンガムが08年で終わるそうなので、そちらも気になりますね。

●ラハティ響: ユッカ=ペッカ・サラステ(08?)
http://en.wikipedia.org/wiki/Lahti_Symphony_Orchestra
http://www.sinfonialahti.fi/ajankohtaista/uutiset/en_GB/saraste_eng/

桂冠指揮者になるヴァンスカの後を受けてサラステが来るとは!
しかしアーティスティック・アドヴァイザー(3年間)という肩書きで、これは、コンマスのヤーッコ・クーシスト、首席ホルン奏者ペルッティ・クーシ、ジェネラル・マネージャーのトゥオマス・キンベリらで作るアーティスティック・チームの一員という扱いのようです。


-----------------------------

<オランダ>

●ロッテルダム・フィル: ヤニク・ネゼ=セガン(08?)
http://en.wikipedia.org/wiki/Rotterdam_Philharmonic_Orchestra
http://fr.wikipedia.org/wiki/Yannick_N%C3%A9zet-S%C3%A9guin
http://www.yannicknezetseguin.com/

これは大注目です。ネゼ=セガン(ネゼト=セガン)は75年カナダ生まれの若手で、現在グランド・モントリオール・メトロポリタン管の音楽監督をしています。CDもマーラー4番、オルガン付などのほかに、最近ブル7を出し注目を浴びています。ロッテルダムもデ・ワールト、ジンマン、コンロン、ゲルギエフなどこれからメジャーに出てくる人を捕まえるという特技をもつオケなので、彼らのお目にかかったネゼ=セガンがどう出てくるか楽しみです。



07年以降の指揮者人事まとめ その5へ
スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://orcheseek.blog66.fc2.com/tb.php/41-03b91441
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。