Loading…

スポンサーサイト

Posted by ジュスマルダホス on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レアオケ自主制作盤特集 その9:ドイツ-3

Posted by ジュスマルダホス on 18.2007 東西南北交響楽団   0 comments   0 trackback
レアオケ自主制作盤特集 その8:ドイツ-2 より

アリアCDさんに特集されたり、レコード芸術でも特集を組むとかで、ここ最近自主制作盤(ならびにこのサイト)がごく一部で脚光を浴びているようですね。ということで、再び自主制作盤を探しに世界を巡ってみようかと思います。

-------------------------------------------
●ヴュルテンベルク・フィル
Württembergische Philharmonie

http://www.wuerttembergische-philharmonie.de/shop/index.php?viewIdx=v5a&kategorie=1&nr=2aaaf4b58c38410e6c87d90ae16f488b

 先ごろ飯森範親が第1指揮者から音楽総監督GMDに昇格したこのオケも日本では入手しにくい音盤をたくさん出しております。何しろここに記載してあるだけで46枚もあり、まだ記載されていないディスクもいくつかあります。ということで、いきなりレア物に行く前に、まずはGMD飯森範親のサイトからこのオケとの録音を拾ってみましょう。

http://www.iimori-norichika.com/hp/discography.html


 このサイトでは7,8番がまだ記載されておりませんが、ベートーヴェンはすでに全集が完成しています。レーベルはエクストンなので、いつものように割高感はありますが、確実に入手できます。エクストンでは他に「イタリアン・フェイヴァリッツ」と題したイタオペ序曲集がリリースされています。確かこれがこのコンビの第1作ではなかったでしょうか。

 飯森とは他にgenuinからレスピーギの「シバの女王ベルキス」組曲R.コルサコフのシェエラザードを入れた1枚が出ています。日本でもちょっと話題になりましたね。他にはebsからマーラー4,5番が出ています。オケHPのディスコグラフィは更新が古いためか、飯森とのディスクはマーラー5番だけしか記載されておりません。

 以上、飯森指揮によるディスクは彼のサイトで全て購入することができるようです。HP購入の方にはHPオリジナル特典つきCDがあるそうです。

 では、オケサイトのディスコグラフィというかCDショップを覗いてみましょう。とはいえサルスエラや小品集から交響曲、宗教曲までジャンルは雑多、レーベルも各社入り乱れ、とどこから手をつけていいか分かりません。ということで1点に絞って。

 このCDショップのウリは恐らくロベルト・パータノストロによるブルックナーではないでしょうか。オケサイトのショップには現在2,3,4,5,7番が出ています。レーベルは2,3,4番がバランスBalanceという未知のレーベル、5,7番がebsです。このラインナップだといずれ全集になるように思えます。で、何の気なしにブルックナーのディスコグラフィサイトを調べたところ、

http://www.abruckner.com/newreleases/newreleases/


 なんと2007年秋にブルックナー全集が出るようです。指揮はもちろんパータノストロ。レーベルはベラムジカ(Bella Musica)となっています。最近流行り?の「全集進行途中からいきなり全曲リリース」のパターンですかね。今はゲルマン語圏のオケがこぞってブルックナー全集を進行させており、その中ではかなり地味な方ですが、残りの曲を一気に出す事でちょっと存在感が出てきましたね。



レアオケ自主制作盤特集 その10:ドイツ-4
スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://orcheseek.blog66.fc2.com/tb.php/49-1664fb1c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。