Loading…

スポンサーサイト

Posted by ジュスマルダホス on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

多国籍的軍コンチェルト――ドゥヴォワイヨン(ドヴァイヨン)のシューマン、グリーグ

Posted by ジュスマルダホス on 23.2010 極私的名盤   0 comments   0 trackback
devoyon_schumann_grieg.jpg


シューマン、グリーグ : ピアノ協奏曲イ短調
パスカル・ドゥヴォワイヨン [ドヴァイヨン] (p.) イェジー・マクシミウク指揮ロンドンpo.

EMI Classics for pleasure :5099922836823


グリーグとシューマン、という定番のコンチェルトを1枚しかもっていない。極私的マイナー街道まっしぐらのアンタやったらあたりまえやないかとかいうご批判はもっともだが、興味がないわけではなく、むしろいいのがあれば何枚でもほしいくらいの好きな曲である。でもこの組み合わせには、確かにいい演奏なんだけど、何だか食指の動かない王道が多すぎて、私にはハードルが高かったのである。中学時代からツィマーマン/カラヤンのゴージャスな演奏も聞いたし、ルプー/プレヴィンのナイーヴ全開の演奏にもかなり心惹かれた。完璧なクリスタルトーンのボレットのピアノに魂を売りそうにもなった(なら素直に買えよ)。1990年初期の話である。

でもその結果、持っている1枚というのが高校時代に買った、マリアーン・ラプシャンスキーのピアノ、ビストリーク・レジュハ指揮スロヴァキアpo.の1枚。色気は全くないが、真摯で一途ないい演奏である。

2009年、EMIの掃き溜め的レーベルのCFPからかなり異色の1枚を見つけた。ついでに弁護しておくが、私にとって「メジャーレーベルの掃き溜め」は最高級の賛辞である。CFPもそうだが、Capitol, Seraphim, Eminence、どれも本家より大好物。 RCAだったらCamden, PhilipsだったらFontana、NaxosだったAmadisという具合である。

Pascal Devoyon
それはいいとして、CFPが誇って出すシューマン・グリーグはパスカル・ドゥヴォワイヨン(Pascal Devoyon:1953- )のピアノ、イェジー・マクシミウク(Jerzy Maksymiuk:1936- )指揮のロンドンpo.という布陣である。ドイツとノルウェーのコンチェルトをフランスのピアニストが奏で、ポーランドの指揮者に率いられたイギリスの名門オケがサポートする。レーベルイチオシの売れっ子アーティストなら国籍がどうとか考えないが、これは何でこの組み合わせ?とナショナリティを勘ぐってしまうなんとも微妙な組み合わせだ。面白そうだ。


シューマンの冒頭。切れ味のあるオケのトゥッティ一発にクリスタルカットの美しいピアノ。凄まじく美音の持ち主のようだ。組み合わせの面白さだけで手に入れたが、これは期待できる。

オケが流れながらもよく歌っていい。フレーズのふくらみに色気のあるヴィブラートを乗せてきたりして、なかなか聞かせてくれる。ピアノも美音を駆使しながら楚々とした表情で、薄ロマンティックな感じが心地よい。

と思ったらトゥッティの振りのクレッシェンドともに突然煌きだすピアノ。おっ、とびっくりしたらすぐさまオケも全開盛り上がる。何ともまあ瑞々しい音で。ドイツの音楽の作り方とは確実に違う盛り上がり方に思わずほくそ笑んでしまう。突発的な感じがまたシューマンらしい。でもこれはドビュッシー・ラヴェル的なフレージングとダイナミクスの作り方だろう。音のクリアさも含め、ドゥヴォワイヨンはやっぱりフランスのピアニストだなあと納得。なら基本濃い味でスラヴ的ロマンティックな身振りのマクシミウクとの相性はどうなんだろうかとも思ったが、流れがよくて意外に親和性がある。

そしてドゥヴォワイヨンの瞬発力とマクシミウクの突発力が完全にシンクロするので、キメどころがばっちりはまってくる。オケも生き生きとしており、この意外な化学反応を楽しんでいるようである。2楽章のチェロのメロディの歌い方が堂に入って美しい。ロンドンpo.ってこんなにゴージャスなオケだったっけ。

この路線なら、グリーグは期待できるぞ。


グリーグ冒頭。バッチリ決まったオケとともに張りのあるクリスタルトーンのピアノ。こっちの方が曲の相性はよさそうだ。基本路線はシューマンと変わらないが、輝きが一段上だ。

両者の突発的な攻め方もシューマンと一緒だが、もっと気合が入っている。リズムも生き生きしているし、ピアノの掴む和音が完全に鳴りきっていて爽快だ。なんてことのないオケの伴奏もいちいち色づいていて美しい。そしてトゥッティ。

うがー、猛烈な音圧。強烈な金管。シューマンにはあまり見せなかった新しいカラーを出してきた。まるで激流に流される快感。私の好きな、バリバリとしながらも澄み切った北欧の音である。

2楽章。完全にマクシミウクカラーで濃厚に歌う歌う。再現するロンドンpo.もやたら張り切っているのがいい。ドゥヴォワイヨンも負けずに煌く。ふと、これはグリーグかな?とも思ったが、そんなことどうでもいいくらいいい曲に仕上がっている。

そして3楽章がこんなに感動的だとは。ラスト数分はまるでラフマニノフ3番でも聞いているかのような壮大さに吃驚。しかしこんなに盛り上がってオケもピアノも音がにごらないのがまた憎いですなあ。



そんなこんなで図らずも大感動してしまった。猫をかぶった平凡な演奏か、隙だらけのB級(よく言えば個性的な)演奏か、どちらかだと思っていただけに、これだけ隙のない個性的な演奏が来るとは予想外だった。1991年録音なのに、これが20年間全然話題に上らなかったというのは正直、もったいなさすぎる。私だけでも大声張り上げてイチオシしておこう。

この組み合わせでショパンのコンチェルトとか残してくれたら、どんなにいい演奏になっただろうか。


-------------


ちなみにどうでもいいことなんですが、今回取り上げたマクシミウクの写真(下で紹介します)を見て思ったのですが、ポーランドの指揮者って何かみんな似てませんか?少なくとも写真だけで判断するなら、「ちゅるちゅるヘアーを振り乱して暴れる」というイメージがあります。

ということで、検証してみましょう。

左から順にマクシミウク、カジミェシュ・コルド、グジェゴシュ・ノヴァーク、ヤツェク・カスプシク。
maksymiuk.jpg    kord.jpg    nowak.jpg    kaspszyk.jpg

ちょっと小さい画像だけでは分かりにくいかもしれませんが、何らかの同じカラーが感じられるのではないでしょうか。偉大なる先達ストコフスキへのオマージュなんですかね?





スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://orcheseek.blog66.fc2.com/tb.php/57-f925e65b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。